読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【LIVA】【Ubuntu server14.04】Juliusを使いたい(Juliusセッティング悪戦苦闘編)

USBマイクのセッティングは終わったため、Juliusセッティングをします。

 

1.Juliusのセットアップ

以下のサイトからソースファイルをダウンロードします。

http://sourceforge.jp/projects/julius/downloads/60273/julius-4.3.1.tar.gz/

※後述しますが、ここからの方法はなぜかうまく行きませんでした。

 

①解凍の実行

$tar zxvf julius-4.3.1.tar.gz

②configureコマンドの実行

$cd julius-4.3.1

$ ./configure

(略)

****************************************************************
Julius/Julian libsent library rev.4.2.3:

- Audio I/O
    primary mic device API   : oss (Open Sound System compatible)
    available mic device API : oss
    supported audio format   : RAW and WAV only
    NetAudio support         : no
- Language Modeling
    class N-gram support     : yes
- Libraries
    file decompression by    : zlib library
- Process management
    fork on adinnet input    : no

  Note: compilation time flags are now stored in "libsent-config".
        If you link this library, please add output of
        "libsent-config --cflags" to CFLAGS and
        "libsent-config --libs" to LIBS.
****************************************************************

primary mic device API   : oss となっています。Juliusのマニュアルを見ると、configureを実行すると通常はalsaが最初に選択されるらしいが、何故かUbuntuでは使われていないossが選択されます。

これが後々の悪戦苦闘に続きます。

 

補足:OSSとは?

Open Sound System のことであり、Ubuntuではすでに使われていないサウンドシステムであり、現在はALSAが標準で使われています。

ただ、古いソフトではOSSで動かすものもある。その場合はALSAossエミュレートすることで実行することができます。(後述)

 

③makeの実行

$ make

何事もなければ、そのまま終了します。

 

2.実行、そして失敗へ

実行をします。が、その前にdictation-kitを事前にダウンロードする必要があります。

http://sourceforge.jp/projects/julius/downloads/60416/dictation-kit-v4.3.1-linux.tgz

$ tar dictation-kit-v4.3.1-linux.tgz

juliusを実行します。

 $./julius -C dictation-kit-v4.3.1-linux/main.jconf -C ../../dictation-kit-v4.3.1-linux/am-gmm.jconf -demo -charconv utf-8 euc-jp -input mic

 

Stat: adin_oss: device name = /dev/dsp (application default)
Error: adin_oss: failed to open /dev/dsp
failed to begin input stream

はい、失敗しました。

実のところ、Ubuntuには/dev/dspがありません。そのため、実行できないので失敗します。

そのため、ALSAOSSエミュレータを利用して実行します。

 $padsp ./julius -C dictation-kit-v4.3.1-linux/main.jconf -C dictation-kit-v4.3.1-linux/am-gmm.jconf -demo -charconv utf-8 euc-jp -input mic

Stat: adin_oss: device name = /dev/dsp (application default)
Error: adin_oss: failed to open /dev/dsp
failed to begin input stream

 padspを先頭につけると、OSSエミュレータによる実行ができます。他の参考サイトを見るとこれで出来ているようですが、私の環境では失敗でした・・・。

ちなみにaossコマンドでもダメでした。

 $aoss ./julius -C dictation-kit-v4.3.1-linux/main.jconf -C dictation-kit-v4.3.1-linux/am-gmm.jconf -demo -charconv utf-8 euc-jp -input mic 

 

ということで、あれこれ調べてみたところosspdを使えば良い、という情報を見つけました。


第299回 UbuntuでOpen Sound Systemアプリケーションを簡単に使う方法:Ubuntu Weekly Recipe|gihyo.jp … 技術評論社

 

・・・が、これも結局juliusは起動しませんでした。

インストールは無事完了し、サーバ再起動後に確認するとサービス登録も問題なく完了。

$ service --status-all

(略)
[ + ]  osspd

 

osspdのお陰で/dev/dspは出来ましたが、エラー内容は同じ。

やはりダメなのかと心折れそうになるが・・・

 

(続く)