【Linux】タワー型サーバでインテルNICのドライバをインストール

業務で触ったDELLコンのタワー型サーバ。
Windowsなら問題ないんだけど、Linux(諸事象によりUbuntu18.04 LTS)でNICが認識されずにaptもできんという状況だったのでメモ。

NICの確認
$ lspci
00:1f.6 Ethernet controller: Intel Corporation Device 0d4c

末尾の4桁をメモる。

・該当ドライバの検索
https://cateee.net/lkddb/web-lkddb/E1000E.html
ここで先ほどメモった4桁で検索をかける。

vendor: 8086 ("Intel Corporation"), device: 0d4c ("Ethernet Connection (11) I219-LM")

IntelのサイトからI219-LMに該当するドライバをダウンロード
https://downloadcenter.intel.com/download/15817/Intel-Network-Adapter-Driver-for-PCIe-Intel-Gigabit-Ethernet-Network-Connections-Under-Linux-

・ネットワークドライバのインストールをするためにはmakeが必要。
 そしてmakeを実行するためにはgccが必要。

別のマシンからそれぞれ検索をかけてdebファイルをGetする。
$ sudo apt install ./gcc_7.3.0-3ubuntu2_amd64.deb
$ sudo apt install ./make_4.1-9.1ubuntu1_amd64.deb
※ただしNICが死んでる状況なので、関連ライブラリのDLができず失敗する可能性あり。
 その場合は、USB接続の有線LANデバイス等で一時的にインターネットにアクセスして作業を進めるしかない。
 また、企業内LANなどの場合は、事前にaptに対するプロキシ設定が必要。

・落としたドライバを解凍してコンパイルとインストール
$ tar zxvf e1000e-3.8.4.tar.gz
$ cd e1000e-3.8.4/src/
$ sudo make install

・サーバの再起動
$ shutdown -r now