読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Raspberry Pi】リモートデスクトップ接続をxrdpで実現

WindowsPCからラズパイにアクセスさせるため、xrdpを導入します。

 

1.xrdpのインストール

以下のコマンドを実行。

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get install xrdp 

 

2.日本語キーボードの入力対応

  インストールさせたら日本語キーボード対応をさせるため、以下の対応を行う。

$ cd /etc/xrdp/

$ sudo wget http://w.vmeta.jp/temp/km-0411.ini

$ sudo ln -s km-0411.ini km-e0010411.ini

$ sudo ln -s km-0411.ini km-e0200411.ini

$ sudo ln -s km-0411.ini km-e0210411.ini

$ sudo service xrdp restart

 

3.iptablesの設定変更

 ログイン用のポートと画面転送用のポートを開ける必要があります。

ログイン用ポートは/etc/xrdp/配下のxrdp.iniに記載されている。特に変更はしない。

画面転送用ポートはsesman.iniに記載されている。これも変更なしですが、UDPポートになるので注意。

$IPTABLES -A INPUT -p tcp -s $LOCALNET --dport 3389 -j ACCEPT
$IPTABLES -A OUTPUT -p tcp -d $LOCALNET --sport 3389 -j ACCEPT
$IPTABLES -A INPUT -p udp -s $LOCALNET --dport 3350 -j ACCEPT
$IPTABLES -A OUTPUT -p udp -d $LOCALNET --sport 3350 -j ACCEPT

$LOCALNETは変数ですが、自宅内で使用しているネットワークアドレス帯域を指定。

 

4.リモートデスクトップ接続からの接続

スタートメニュー等からリモートデスクトップ接続を実施します。

コンピュータのところにはアクセスするラズパイのIPアドレスかホスト名を。

f:id:engetu21:20150201184511j:plain

 

ラズパイでxrdpが正常に動作していれば、以下の画面が出る。

この時点で、例えば「@」がキーボード通りに入力できない場合は、日本語キーボード対応がちゃんとできていないので注意。

f:id:engetu21:20150201184618j:plain

 

usernameとpasswordはLinuxユーザのそれを使う。

ログインが正常であれば、以下のようにコネクションログが出力され、無事にラズパイのデスクトップ画面が出る。

f:id:engetu21:20150201184842j:plain